忍者ブログ

多汗症の治療で塩化アルミニウムは汗を止めるのにおすすめなのか?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

多汗症の薬は副作用があるの?

多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)の薬に副作用というのはあるのでしょうか?

結論からいうとあるでしょう。

多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)の薬だけでなく、薬には大なり小なり副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)があると考えてください。

よくみられるのが口渇です。

口渇とは口の中が渇いて乾燥したらいう症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)のことで、多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)の薬を使えねしょっちゅう現れます。

これが原因で口の臭いがするようになるケースもよく聞きます。

また、排尿障害や排便障害を引き起こす事もあるみたいです。

薬を服用すると尿が近くなったり、逆に出にくくなったり、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)になったりします。

これ以外にも処方される薬により色々な副作用があるため、医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)からしっかりと説明を受けるようにして下さい。

そして、ぬりぐすりの場合だと刺激が強すぎてかぶれやかゆみを起こすケースもあるかもしれません。

皮膚の弱い人は塗り薬(症状や体質に合わせて慎重に選ぶといいでしょう)に注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)した方がいいかもしれませんよ。

ちょっとでも副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)を減らしたいのであれば、漢方を使用するというのも良いと思います。

漢方は病院の薬よりも副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)が起きづらいので続けやすいとなっているんです。

即効性はないのですが、根本的な治癒効果も期待できるでしょう・
PR
コメント(-)トラックバック(-)

多汗症ってどんな症状?

多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)とは尋常ではないほどの汗をかく症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の事をいいます。

汗はどなたでもかきますが、多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)の方の場合はその比ではないのです。

例えば、鉛筆を持とうと思っても汗で滑って持つ事が出来なかったり、書類に記入しようとすると汗で紙が破れてしまうほどの量ですから、明確に他の人と畭なります。

多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)はこのように生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)に支障をきたすほどの汗をかいてしまうため、何かと不自由(ないと思っているのは自分だけで、本当はいつでもそうだという人もいますよ)な生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を送っている人が多いものです。

そして、多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)には以下のような特徴があります。

・一過性のものではない
・多汗と無汗を繰り返す
・発汗する部位が決まっている

多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)は一過性のものではなくて、一度発症してしまうとそれからずっと続けることが多いのではありませんか。

子供の時に発症した場合、大人になってからも続くため、一般の小児疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)とは異なるみたいです。

常に汗が出ている訳ではなくて、多汗と無汗を繰り返すというのも多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)の特徴でしょう。

スピーチやプレゼンと言った緊張する場面になってしまった場合多汗の症状が現れやすいとなるんです。

発汗する部位は決まっており、手のひら、足のうら、脇下、顔、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)部によく見られます・
コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 多汗症の治療で塩化アルミニウムは汗を止めるのにおすすめなのか? All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]