忍者ブログ

多汗症の治療で塩化アルミニウムは汗を止めるのにおすすめなのか?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

塩化アルミニウムで汗を止められる?

多汗症の治療としてよく使用されているのが塩化アルミニウムです。

塩化アルミニウムを多汗症の治療として皮膚に塗ると強制的に汗を止めることも可能になります。

ただし、効果は一時的ですので持続性はないですよねし、根本的な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)にもなりません。

常に使い続けなけれねならないと言ったデメリット(メリットだけでなく、こちらについても検討するべきでしょう)はありますが、汗を止める効果が強い為多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)の人に人気が高いです。

生活をしていたらどうしても汗を出したくないという場面が訪れると思いますから、そんな時に心強いです。

病院で多汗症の治療として処方されてるのは塩化アルミニウム水溶液というのもので、ドラッグストアなどで売っている塩化アルミニウム配合の制汗剤(男性は無香料のものを好む傾向があり、女性は好きな香りがするものを選ぶことが多いようです)よりも濃度が濃いです。

そのため、多汗症の治療として塩化アルミニウムの効果を期待するなら病院で処方してもらった方がいいかもしれません。

使用していると痒みやかぶれといった副作用(全くないというわけにはいかないというのが本当のところでしょう)を起こす事があります。

こういった症状が現れた場合は使用をすぐにやめて、医師に相談してくださいね。

基本的には2週間ほどで塩化アルミニウムの効果が現れるといわれているため、最初はそのくらいの期間使用してみて、自分にも効くのかどうかを判断して下さいね・
PR
コメント(-)トラックバック(-)

自分でできる多汗症対策ってある?

自分でできる多汗症対策は以下の通りでしょう。

・入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)を見直す
・運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)をする
・心を落ち着ける
・制汗剤の使用
・食生活(洋食よりも和食の方が健康にいいといわれていますね)の改善

多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)の人は自律神経が乱れている可能性があるので、半身浴(一時期ブームとなり、便利グッズも色々と開発されました)をして汗をかくと言うのもいいですね。

半身浴(心臓にかける負担を少なくすることができます)を行えね大量の汗をかく事が出来るので、汗腺機能を正常に戻す事が出来るはずです。

また、お風呂に入るとリラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)効果が得られますし、自律神経のバランスを整える事も出来ます。

ほどほどの運動も多汗症対策に効果的であると言われています。

ハードなスポーツをする必要はなく、ウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や?などに負担がかかります)やジョギング(ジョギング愛好家をジョガーと呼ぶこともあります)くらいで十分です。

多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)には精神的な部分も大きく関連しているので、心を落ち着かせてくれる時間を作ると言うのもいいですね。

自分がリラックスできる時間を設けることによって、症状が改善する場合もあるようです。

その場しのぎにしかなりませんが、制汗剤(汗をかきやすい夏はもちろん、一年中使うという方も少なくありません)を使用するという事も1つの方法なのです。

一時的に汗を止める事が出来る為に、如何しても汗をかきたくない場合に使うのもいいですね。

食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)も多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)と関係しており、栄養バランス(真剣に考えると、献立を考えるのも一苦労ですね)が偏食(嫌いなものを食べる努力をする、サプリメントなどで足りない栄養素を補うなどの努力が必要です)を見直すというのも重要です・
コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 多汗症の治療で塩化アルミニウムは汗を止めるのにおすすめなのか? All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]