忍者ブログ

多汗症の治療で塩化アルミニウムは汗を止めるのにおすすめなのか?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

手術をすれば多汗症は治る?

手術をすれば多汗症(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)は治るのか気掛かりなところでしょう?

結論からいうと治す事は可能ですが、絶対ではないのです。

手術をしても治らないこともあると言うのを理解してた上で受けてください。

それに、手術をした場合には、以下のような副作用も考えられるのです。

・代償性発汗
・体に熱がこもる
・射精障害

事も少なくない副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)が代償性発汗です。

代償性発汗(最小限の発症ですむように配慮して多汗症の手術を行っている病院もあるようです)とは治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)した部分の汗は止まっても、他の部分から汗が出るというものです。

手の多汗を止める手術をした場合、顔や頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)から汗が出るようになるでしょう。

体の中に熱がこもるようになり、体が熱く感じると言う場合も多いみたいですね。

これは本来なら汗で体温(平均体温が1℃上昇すると、免疫力が約60%も活性化するといわれており、風邪などで発熱するのも体の防衛反応の一環だと考えられているのです)を調整しますが、それが出来なくなるからです。

男性の場合には射精障害を引き起こしてしまう場合もあるみたいです。

手術で気になるところの多汗症(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)を治すことができても副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)を起こす可能性が高いですし、再発する可能性も否定出来ません。

わずかでも副作用(全くないというわけにはいかないというのが本当のところでしょう)や失敗のリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)を下げるためにも、優秀な執刀医がいる病院で手術を受けられた方がいいかもしれません・
PR
コメント(-)トラックバック(-)

多汗症は病院に行けば改善できる?

多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)に悩まされている場合、病院に行けば改善できるんでしょう?

基本的には病院に行けば改善出来ますが、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が変わらないといった場合もあるので、100%良くなるという訳ではありません。

どのくらい改善できるかはその人次第です。

また、受診する病院によっては改善するかどうかが異なりますよ。

多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)で病院に掛かる場合は皮膚科(最近では、にきびやシミ、シワの除去など、アンチエイジングに力を入れているクリニックも増えていますね)に行くのが普通です。

一般的には汗を止める制汗剤を処方して貰う事になるのですが、根本的な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)にはならないのです。

皮膚科(肌の悩みはエステよりも皮膚科に行くべきでしょう)では治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)出来ない、もしくは、原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)が分からないと判断された場合は他の科を紹介されるのです。

例えば、精神的なことが原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)ともなると心療内科(心身症の診察と治療を行っています)を紹介されるであると言われています。

本格的な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を受けたいのであれば、多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)を専門に扱っている病院を探にして下さいね。

多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)に特化した病院や専門医(本や口コミなどを参考にして、自分に合った人を見つけることが大切だといえるでしょう)が在籍している病院がありますので、ウェブで近くにないか探してみては如何でしょうか。

いままで何をしても改善しなかったと言う人が病院を変えたら劇的に改善されたというケースもあります・
コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 多汗症の治療で塩化アルミニウムは汗を止めるのにおすすめなのか? All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]